相撲雑学

Homeちゃんこしませんか>相撲雑学

土俵入りの型となった「雲龍」、最強力士といわれる「雷電」・・・。国民的な娯楽となった大相撲。その歴史をを名力士を通してご紹介いたします。

〇〇一、雲龍 久吉(UNRYU Hisakichi)

雲龍 久吉1823年-1890年 追手風部屋

雲龍型の土俵入りで知られる十代目の横綱。新入幕から好成績を続け、安政5年正月に大関、文久元年9月に横綱を免許された。義理堅く、律儀で謙虚な人柄は人々に愛された。
年寄・追手風としても相撲興隆に大きな功績を残した。

出身地
福岡県山門郡大和町
入幕
嘉永5年2月場所
最終場所
元治2年2月場所
最高位
大関(横綱免許)
幕内成績
127勝32負20分預

〇〇二、雷電 為右衛門(RAIDEN Tameemon)

1767年-1825年 浦風部屋

相撲史上最強の大力士。あまりにも強すぎて、「張り手」「鉄砲」「かんぬき」の三手を禁じられたと伝わる。江戸相撲出場36場所中、負けたのはわずか10番。横綱を免許されることなく引退した謎については、いまだに解明されていない。

出身地
長野県小県郡東部町
入幕
寛政2年11月場所関脇付出
最終場所
文化8年閏2月場所
最高位
大関
幕内成績
254勝10負21分預無

〇〇三、稲妻 雷五郎(INAZUMA Raigoro)

稲妻 雷五郎1802年-1877年 佐渡ヶ嶽部屋

7代目の横綱で、強豪力士として知られる。まれに見る人格者で、風流の道にも長じ、書は達筆であった。多くの俳句を残している。
阿武松をライバルとし、数々の好勝負を見せた。力士としては珍しく長命を保ち、晩年の写真が現存している。

出身地
茨城県稲敷郡東村
四股名
槙ノ島→稲妻
入幕
文政7年10月場所
最終場所
天保10年11月場所
最高位
大関(横綱免許)
幕内成績
130勝13敗18分預無

〇〇四、生月 鯨太左衛門(IKEZUKI Geitazaemon)

生月 鯨太左衛門1827年-1850年 玉垣部屋

18歳で227cm、169kg。古今No.1巨人力士。天保15年10月場所から嘉永3年3月場所までの12場所の間、一人土俵入りを行い、人々を驚かせた。
この間、1場所だけ幕下格で取組に出場したが、23歳の若さで死亡した。

出身地
長崎県北松浦郡生月町
四股名
生月(生属)
入幕
天保15年10月場所
最終場所
嘉永3年3月場所
最高位
張出前頭

〇〇五、追手風 喜太郎(OITEKAZE Kitaro)

追手風 喜太郎1800年-1865年 追手風部屋

前名は黒柳松治郎。文政7年10月に入幕。天保2年2月に追手風喜太郎を襲名、5年10月に関脇、7年11月に1場所だけ大関となり、その後は関脇。引退後は年寄として、角界の繁栄に尽力した。

出身地
神奈川県津久井郡藤野町
四股名
由良漢→黒柳→追手風
入幕
文政7年10月場所
最終場所
天保10年3月場所
最高位
大関
幕内成績
94勝48敗34分預無

〇〇六、谷風 梶之助(TANIKAZE Kajinosuke)

谷風 梶之助1750年-1795年 伊勢ノ海部屋

4代目の横綱。初めは看板大関でスタート、後に実力を有した大力士となる。寛政元年11月場所、ライバルの小野川とともに横綱を免許された。人格は円満で、63連勝を記録するなど、第一人者であったが、現役で急逝した。

出身地
宮城県仙台市若林区
四股名
秀ノ山→達ヶ関→谷風
入幕
明和6年11月場所大関付出
最終場所
寛政6年11月場所
最高位
大関(横綱免許)
幕内成績
258勝14敗37分預無

〇〇七、小野川 喜三郎(ONOGAWA Kisaburo)

小野川 喜三郎1758年-1806年 玉垣部屋

5代目の横綱。はじめ上方で修業、後に江戸相撲で、第一人者「谷風」のライバルとして対立した。名人タイプの力士。寛政元年11月場所に、谷風と同時に横綱を免許され、土俵人気を二分した。後に、下の名を「才助」と改名。

出身地
滋賀県大津市京町
四股名
小車→相撲川→小野川
入幕
天明元年3月場所
最終場所
寛政9年10月場所
最高位
大関(横綱免許)
幕内成績
144勝13敗16分預無

〇〇八、秀ノ山 雷五郎(HIDENOYAMA Raigoro)

秀ノ山 雷五郎1808年-1862年 秀ノ山部屋

全盛期でも164cmと歴代横綱力士の中で最も小兵。恵まれない体格を努力と辛抱でカバーし、ついに9代目の横綱の栄位を許された。猛烈な闘志で年寄としても貢献し、弟子には後の横綱・陣幕が出ている。

出身地
宮城県気仙沼市最知川原
四股名
北山→天津風→立神→岩見潟→秀ノ山
入幕
天保8年正月場所
最終場所
嘉永3年3月場所
最高位
大関(横綱免許)
幕内成績
112勝21敗35分預

〇〇九、頂 仙之助(ITADAKI Sennosuke)

頂 仙之助1792年-1843年 伊勢ノ海部屋

前名を猫又と名乗り、その後に頂と改名し、文政11年3月場所で入幕した。小柄な体格で、愛嬌ある顔立ちは人気があった。横綱・阿武松を倒したこともあり、天保9年2月に野上(えのえ)という難解な名に改めた。

出身地
秋田県本庄市薬師堂
四股名
猫又→頂→野上
入幕
文政11年3月場所
最終場所
天保11年10月場所
最高位
前頭筆頭
幕内成績
85勝56敗18分預無

〇一〇、両国 梶之助(RYOUGOKU Kajinosuke)

両国 梶之助1830年-1904年 伊勢ノ海部屋

161cm、84kgの小兵だったが、大きな敵を倒す手取り力士として聞こえ、相手の足の親指を取って引っくり返す「つま取り」を得意とした。大関・鬼面山との対戦では、両者の「待った」が100回を数える珍記録を残している。

出身地
新潟県刈羽群小国町
四股名
玉柳→梅ヶ技→両国
入幕
元治2年2月場所
最終場所
明治5年11月場所
最高位
関脇
幕内成績
71勝43敗16分預

〇一一、六代目式守 伊之助(SHIKIMORI Inosuke VI)

六代目式守 伊之助1814年-1880年 伊勢ノ海部屋

立行司の式守伊之助の六代目。三代目伊之助の弟子で、初名は式森宗助、後に二代目式守鬼一郎から嘉永6年11月に式守伊之助を襲名。長く土俵を務め、明示10年1月、庄之助の引退で行司のトップとなり、13年9月に現役で亡くなった。

出身地
宮城県仙台市青葉区
行司名
式森宗助→式守鬼一郎→式守伊之助
初番付
文政13年11月場所
最終場所
明治13年5月場所